ローンを組むにあたって大切な事

ローンを組むにあたって大切なのは、しっかり返済計画を立てることです。
一番長く払うのは住宅ローンだと思いますが、毎月の返済額は手取り金額の2割以内が理想であり、それを超えると収入を増やさなければ生活に支障を及ぼすかも知れません。

ローンの期間を短縮するためには、一度にまとめて返済する繰り上げ返済が有効です。
「いくらから繰り上げ返済が出来るか」とか「手数料はどの程度かかるか」というのはローンを組んだ会社によって異なりますが、例えば100万円まとめて返済できれば、残り期間を大幅に短縮出来ますので、それに伴う利息も少なくなります。
日々の生活はもちろん、ローンの返済をしながら繰り上げ返済用の資金も貯める必要があり、子供は1人でも我が家では到底無理なので、賃貸住宅で生活する事になりました。

クレジットカードの場合は、1つの支払いが終わってから次を購入する事が大切で、出来れば1回払いで買える金額か、分割の場合は金利手数料は企業持ちの所を選ぶといいです。
毎月一定金額を支払うリボルビング払いは、一見便利そうですが、1つの支払いが終わる前に次を購入すると返済がなかなか終わらないという結果になりますので、注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ